FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れた町

 一度でいいから見てみたい、アリスのまんこ。
 そう歌いながら白ウサギのコスプレをした少年が、ママチャリに乗っていた。ある冬の日の午後のことである。
 轟町は、時代から忘れられた町だ。
 国鉄の駅からバスで揺られること2時間、それでやっと到着する。まだまだ蒸気機関が現役の町で、空気はススっぽく、町並みもどこかくすんでいる。石焼き芋の屋台が、町の中心にある広場に置いてあって、腰のまがった老人が店番のようなことをしている。
 ぼくは老人から焼き芋を買うと、ママチャリで剣呑なことをつぶやいた少年のあとを追った。彼はゆらゆらと酔っぱらいのようにふらふら自転車を漕いでいて、あのフレーズを飽きることなく繰り返している。
 アリスのまんこ、とは何か。
 ぼくはそれを彼に聞いてみたかった。
 少年に追いついたのは、彼が町外れの炭鉱の前にいき、そこでママチャリから下りたところで、少年はぼくに気づくと、さっと頬を赤く染めた。
「アリスのまんこってなに?」
「・・・」
 少年は片手で顔をおおうと、だまって、もう片方の手で、真横の店をゆびさした。看板があって、アニメ調のデフォルメされた女の子がM字開脚していた。その秘密の割れ目は栗色のちぢれた毛が、ちょび髭のように生えていて、両手の指で押しひろげられた下の唇のうちに暗い穴がある。その縦穴のような深遠にきをとられていると、ガチャリと物音がした。見れば、少年がママチャリにまたがり、全速力でぼくから遠ざかっていくところだった。
 ぼくは、そのお店にはいった。まだ昼間だったから、料金が安かったこともある。ともかく中にはいると、まずカビの臭がした。入り口のカウンターに若い男が立っていて、ぼくにうろんな視線をむけた。
「アリス」
 とぼくがいうと、彼は首を横にふった。ぼくは持っていた焼き芋を彼に渡した。すると、彼はため息をつきながら、ぼくに鍵をひとつ渡し、それから天井を指さした。それは、渡された鍵で開く部屋が2階にあるという意味なのだろう。
 2階にあがった。部屋は一つしかなかった。鍵が掛かっていた。持っていた鍵をつかうと簡単に開いた。中に入ると、店の表にあった看板のミニチュアがベッドのうえに置いてあって、人間の体を感知するセンサーがあるみたいで、ぼくが近づくと、しゅんしゅんと蒸気機関の音をだし、
「わたし、アリス」
 と幼女みたいな声をあげた。
「アリスのまんこを使ってね」
 蒸気圧で看板みたいなものに描かれたアリスがうごき、両足が昆虫じみた角度をつくる。それに引っ張られて、アリスの中心にあるまんこが押し広げられる。それは作り物かと思ったけれど、顔を近づけると、ちょっと酸っぱいような臭いがし、温度があって、ぼくの呼吸がかかるとヒクリ、ヒクリと痙攣した。裏に少女がいるのかもしれない。
 窓の外から、「一度は見てみたい、アリスのまんこ」という歌声が聞こえた。少年のものではない。若い男の張りのある声だった。窓に近づいて、閉じたカーテンの隙間から外をうかがうと、炭鉱での仕事を終えたガタイのいい男たちが連れ立って歩いているところだった。
 彼らの日当では、アリスを抱くことすらできないのだ。
 そう思うと、アニメ調のイラストで美化された知らない女のまんこが、なにやら高級品のようにみえてきた。

未来の花嫁

 手元にある資料によれば、今日はクリスマスと呼ばれるらしい。
 なるほど、とボクはつぶやいて、窓の外で繰り広げられる痴態に納得した。そこでは赤い服をきたノースリーブ女が所かまわず男に声をかけて、一人ふたりとホテルに姿を消していくのだ。メイデーと同じで、この日は男女の貞操観念はドブに捨てられる。自由に混じりあう、何人でも誰とでも、たとえ相手が貴種だろうが庶民だろうがお構いなしだ。
 恐ろしい日だ。処女のボクにとって、こんなに身の危険を感じる日もない。
 ボクは一日中家にひきこもり、今日は誰とも会わないようにしよう、と決めた。けれど、家の扉はノックされて、無視すると鍵がこじ開けられた。チャラチャラと音のする金色の鎖のアクセをつけて、髪を茶色にそめた面長の、未知らない男が部屋に入ってきて、
「メリー・クリスマス! いい子には、プレゼントをあげないとね♪」
 といって、ボクをベッドに押したおすと、服をぬがし、全裸にした。ボクは抵抗したけれど、女の子の筋力では男の、彼の細っこい腕にすら敵わなかった。
 なす術はないのか、と諦めたボクは目を閉じて、早く終わってくれ、と願った。すぐに不快感とともに鋭い痛みがして、内蔵が裂けた。ボクは声だけはあげるものか、と歯を食いしばった。歯を噛みあわせること意識を集中して、肌や体の中に熱くて固いものが埋まる感触を思考のそとに追いやった
 時間もわからない。長いようで短く、短いようで長い。主観的な時間は伸縮自在で、ボクは嬲りごろしにされたほうが、ましだと思った。
「ひぎ」
 と、ボクは思わず叫んだ。体の中に熱湯をいれたような感触がして、意識が無理やり現実に引き戻された。目の前に知らない、あの男の顔があって、それが切なげな表情をうかべて、ボクのことを強く抱きしめた。彼が小刻みに震えるのが全身で感じられた。
 少しして、彼はボクから体をはなした。ずるり、と自分の体から何かが抜けおちていく感触がした。彼は、ベッドの上のボクのことを見下ろすと、何もいわずに服を着て、ボクの家を出て行った。
 ボクはベッドで暗い気持ちになりながら、男の去ったあとの玄関の扉を見つめた。

UFOの運んだ病気


 久しぶりに町にでたら、裸の女が仁王立ちしていた。
 見まちがいかと思ったけれど、そうじゃなく、ぼくの頭がおかしくなったままなのかと思ったけれど、そうじゃなく、その手の痴女と何度もなんどもすれ違ったから、おかしくなったのはぼくではなく、世間だと知った。ふう、と安心した。けれど、ぼくが引こもっているうちに何があったのだろう、と、世界を知るために本屋にいった。
 適当な週刊誌をちらちらとつまみ読みして、だいたい何があったのかをぼくは理解した。おおよそ半年前に流星群にのってUFOがやってきて、そのUFOが怪光線を発して、そのせいで、植物繊維というか繊維質なものを着ると(石油だろうが麻だろうが綿だろうが)皮膚がそれと癒着し、崩れてしまう病気が流行ったのだ。
 服をきれない。なら、裸でいいじゃん。
 そんなAVみたいな発想は、実際やってみるとそれほど恥ずかしくなかったようで、世間一般に受け入れられたようだ。やっと三次元が二次元に追いついたのか、とぼくは自嘲的な笑みを浮かべた。
 雑誌を棚に戻して、伸びをした。
 ぼくのとなりでレタスクラブを読んでいる若い女はやっぱり裸で、その乳首は黒ずんでいた。ああ、妊婦なんだな、と思うと、刺激されるところがあった。ぼくの視線に女は気づくと、ちらりとこちらを見て、自分の乳房をしぼるように触った。
 ぼくは慌てて視線をそらして、逃げるように本屋から出た。見渡すかぎり、裸の女がいて、裸の男がいた。服をきているぼくがみょうに浮いていた。ただ奇異の視線で見られるのではなく、心配されるような気配だ。
「にいちゃん」と声をかけられて、振り返ると、全裸の老婆がいて「服を着てちゃ、だめじゃないか。死ぬぞ」
 そうやって、ぼくの服は親切な老婆の手によって、脱がされた。

空想上の勇者様

 彼は頭がおかしい。
 いつもブツブツと何かつぶやいているし、ときどき聞き取れる単語はオリハルコンだったり暗黒物質だったり、ちょっと非現実なものばかりで、だんだん私は彼の近くで仕事をするのが嫌になってきていた。
 私はいま、パートでコンビニ弁当にポテトサラダを盛りつける仕事をしている。結婚して仕事をやめたら、思った以上に暇だったのだ。
 ベルトコンベアの前にたって、マスクをつけて、手袋をして、黙々とポテトサラダのはいったチューブを絞る。規定量に合わせて、何度もなんども絞る。それを延々と繰り返して、一日に五千円にもならない。安すぎると思う、大学生だったら絶対に選ばなかったアルバイトだ。でも、単純だから熱中できて、時間をわすれられた。暇をつぶすのには丁度いいかもしれない。
 彼がぶつぶつつぶやいている。
「まんこ」
 と、今日は彼は突然つぶやき、私に視線をむけた。私は聞き間違いだと思った。
「まんこ」
 彼はもう一度つぶやくと、視線を私の下半身に向けた。それから手を伸ばしてきた、私は体を引いて、彼の手をさける。彼は同じことばをもう一度つぶやき、もう一度手をのばす。ポテトサラダを入れ忘れた弁当がベルトコンベアを流れていった。不良品をつくってしまった、と場違いなことを思った。その隙をつかれて、彼に股間をなでられた。
「まんこ」
 と彼はまたつぶやいて、私のそこを触った手を自分の鼻先に近づけて、くんくんと匂いをかいだ。満足そうな顔をした。
 彼は頭がおかしいのだ。

皮膚下の嗜虐


「皮をむいたら、ピンク色だよね。筋肉もピンク色だっていうけれど、実際どうなんだろうね」
 と彼女は言って、ぼくの手をなでた。爪を立てた。ぼくはびくっとして、手を引っこめて、彼女はくすくすと笑いながら、その手を今度は、ぼくの下半身にのばした。
 呼吸は落ちついたけれど、まだぼんやりしている。
 汗を吸ったシーツ、ほのかに残っている性液の匂い、彼女は少し興奮気味で、頬が上気している。下半身に伸びた彼女の冷たい指先が、羽のようにふわりとぼくのことをつまんだ。それから玩具で遊ぶみたいにまとわりつき、さすられる。奇妙に感触で、興奮させるような手つきではなく、探るような、固結びを解こうとするみたい・・・ほつれを手探りで探している感触で、だんだん不安になってくる。
「まさか」
 とぼくが口にすると、彼女はにやり、と笑った。
プロフィール

sadistictorism

使用者:sadistictorism
 
 肥大化した自意識で糖尿病にかかっちまえ!

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。