FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンキー天使




 視界の先の消失点からアレはやってきた。猫の足の形をした天使は、モンキースパナをふりまわしている。そういう天使が消失点の向こうからやって来て、ぼくに膝を折るように強要する。
 死ね、死ね、死ね、と、舌打ちしながら妹の大事にしていたリカちゃん人形を石で叩いて、砂場に埋めた。最近は雑菌だとか猫が死んでるとかで見なくなった砂場に、幼いころのぼくはリカちゃん人形を埋めてしまい、お母さんにこっぴどく叱られたのだ。
――それで、あなたはマザコンなんだ。
 と人生で始めて付き合った女の子に言われた。彼女は、猫の足の形をした天使の信奉者で、だんだんとお金や身もその奇っ怪な天使に捧げるようになった。ぼくの財布からお金を抜き取るように――かつて、ぼくが母親の財布からお金を盗んでいたように――なると、ぼくと彼女との関係は急激に悪化した。
「そんないもしないものを信じるなんて、お前は騙されているんだ」
「見えるものしか信じないなんて、あなたはつまらない人間ね」
 彼女は封筒に脱ぎたてのパンツをいれながら答えて、
「なにしてるんだ」
「高く買ってくれるのよ。そのお金で、天使様にお布施しないといけない。今月中に×万円喜捨しないと、次の階級にあがれないから」
 ぼくは、もう無理だと思った。こんなの無理にきまっている、付き合っていけるわけがない、と、だから、ぼくはもう彼女からメールが来ても返信しなかったし、電話もでなかった。そうしているとだんだんと疎遠になって、気づくとぼくの生活から彼女の気配は消えていった。それでも、ぽっかりと空いた穴のような感覚がのこり、その空疎によって彼女のことを考えない日はなかった。ひと月ふた月と過ぎていくと記憶は薄れていき、そもそもの穴は穴のまま感じられなくなっていった。
 砂場に埋めたリカちゃん人形を思いだして妹が泣いたのは、最初のうちで次第に悲しまなくなり、新しい代替品を与えられるともう思いだして泣くこともなかったように、ぼくもまた新しい恋人ができると、もう猫の足の形をした天使に心酔していた彼女のことなんて思いださない。
「死ね! 死ね! 死ね!」
 消失点の先から現れた彼女の空想だと思っていた天使は、モンキースパナを振るいながら、ぼくの恋人の頭を殴った。死ね、死ね、死ね、と舌打ちしながら何度もなんども頭の形が歪み、顔が分からなくなるまで。そして、忘れていた彼女が、ぼくの前に表れて、砂まみれで砕けたリカちゃん人形を手にして、
「あたしのこと好きかしら?」
 と言った。
プロフィール

sadistictorism

使用者:sadistictorism
 
 肥大化した自意識で糖尿病にかかっちまえ!

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。