FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がらくた置き場

 
 見た目の美しい少女、暗く沈んだ顔で、それがいつさうに芸術めいた美しさをかもしております。その少女の手をしつかりと握り、歩いてゐるところでございます。
 このお屋敷には、地下室がございます。
 そこには様々なものが放置されておりました、といふのも、われらの主人は非常に飽きつぽい性質の方で、一つのことに一日二日集中されますと、まう二度とそれに見向きされないのでございます。
 この前はボトルシツプにご執心されまして、寝食わすれて緻密な作業に没頭されましたが、完成するか否か、その間際になつて精根つきはてお休みになられ、翌日になりますと、ただ乱暴に作りかけのボトルシツプを投げ捨てられたのでございます。
 小さな、それに無機物でございましたら地下室に適当に放りこんでおけばよいのでございますが、さうではないと大変処分に困るのでございます。主人が町歩きをしたとき、たまたま目に入つた飼犬や飼猫、もしくはもつと珍しい生き物などに執着されましたら、お金と地位にものを言わせて、簒奪といつていいやうに持ち帰つてくるのでございます。たうぜん、二三日すれば飽きて、しかもそれを頂戴してきたことすら忘れる始末。主人はなかなかの吝嗇家で、余分な食い扶持はよしとしませんから、愛玩動物はといつたものは知らずのうちに一匹いつぴき姿を見せなくなるのでございます。地下室とは便利なものでせう。
 いまちようど、私は少女の手を引きながら、地下室への階段を下つてゐるところでございます。地下への入り口で、少女は少し躊躇されましたが、私は大丈夫だと言い聞かせました。みんなここに行くのだよ、と、さういふ決まりなのだ、と。すると少女は諦めたやうな、幼さに似あわない諦観の微笑を浮かべました。
 この少女にだういふ訳があるのか、私の知るところではございません。主人が昨夜の商売筋の夜会から連れ帰つてきた少女でございます。主人の弁を借りれば、義憤に駆られたのだとか。夜会で何が通例になつておりますのか、私には想像できかねますが、かう少女の見事な均整の顔、珍しい色の髪や目、それから年不相応な蔭のある表情などを見ますと、自然とろくでもないことに考えがいつてしまいがちでございます。
 主人は例にもれず、明けた日の朝に、少女がなついた猫のやうに近づいてきますと、お前など知らない、と言つてのけて、ここには余分を養うやうな余裕はないのだ、と、少女に冷たく言い放つたのでございます。そのときの少女の表情は、おそらく私は忘れられないでせう。とはいえ、私の仕事がそれで変わるわけも加減されるわけもないのでございます。
 地下室の扉をひらき、少女をなかに入れると、扉を締めました。鍵をかけました。地下室には主人の飽きたものがすべてしまわれてゐるのでございます。
 例外などございません。
プロフィール

sadistictorism

使用者:sadistictorism
 
 肥大化した自意識で糖尿病にかかっちまえ!

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。