FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーモンド式

 
 アーモンド式の自殺が流行っている。
 それは劇薬を注射したアーモンドをチョコレートでコーティングして、食べることだった。甘み、香ばしさ、それから死。苦しくないと評判で、試す死にたがりは多いのだという。こっそりと囁かれる噂。だれもそれで自殺したひとを知らない。
 マリーとステラとは双子の姉妹、運命共同体、生まれたときから首輪でつながっている。マリーが死んでしまったらステラは生きていられず、ステラが死んだらマリーもあとを追う。そういう首輪で二人はつながっている。
 マリーはアーモンド式に興味があった。ステラは興味がなかった。物心がついたころから同じものが好きで、同じことをしていて、その鏡のような同じが好きだった。
 マリーはステラの口にアーモンドチョコレートを押しこみながら、キスをした。舌をつきいれて、ステラを強引に犯す。ステラが口のなかにはいったチョコレートを飲みこむまで唇を離さなかった。ステラは強引にチョコレートが喉をくだると、ムキになって、マリーの頬をはたいた。乾いた音。マリーの頬が赤く腫れる。ステラはそれを見て、自分の頬が痛くなったような気がした。
 ステラはある男に恋していた。それはマリーもそうなるべきだと思ったけれど、違った。マリーはその男のことがどうでもよかった。ステラは寂しかった、マリーは寂しかった。同じでなくなるのが、自分から離れていってしまうのが。
 マリーはアーモンド式に興味があって、そのことばかり考えていて、ステラはあの男が好きで、そのことばかり考えている。マリーは頬を押さえながら、アーモンド式の自殺について、あらためてステラに説明して、アーモンドチョコレートをもうひとつぶ口にふくんだ。ステラは口のなかに残った甘みとナッツの香ばしさを感じながら、マリーを見つめた。
 マリーはステラを抱き寄せて、もう一度くちびるを押しつけた。マリーの口のなかで咀嚼されたチョコレートが、粘着質になってステラの口のなかに入ってくる。二人はそれをお互いの口のなかで交換しながら、少しずつ飲みこんでいった。そうすると、ステラはマリーの手を握りしめながら、座りこんで、お互いに体重を預けながら目を閉じた。マリーの望んでいるゆるやかな、それを待った。
 マリーは小さな声で、ステラにありがとう、と言った。そのまま二人は眠った。目を覚ますことはないだろう、とステラは思った、けれど、ステラは次の日、目をさました。マリーも目をさました。
 マリーはきょとんとしているステラに、私とステラとは違うから、と微笑んだ。
プロフィール

sadistictorism

使用者:sadistictorism
 
 肥大化した自意識で糖尿病にかかっちまえ!

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。