FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたりの夜


宮水三葉と付き合い始めて一年が過ぎた。
あの日、代々木の須賀神社の前で会ったのが出会い……というわけではない。
俺が中三のとき、三葉は高三のときに一度、出会っているらしい。そのときに三葉から渡された組紐はいつのまにか手元から無くなっていて、三葉の手元にあった。

大切な何か。
忘れてはいけないもの。
ずっと探していたもの。

いまもちゃんとは思い出せないそれは、その組紐に結ばれている気がした。

でも、それはもういいのだ。
言いようのない損失感、体の半分を忘れてきてしまったかのようなその寂しさのようなものは三葉を前にすると満たされるのだ。


三葉の住む都内のマンションにいる。今日は三葉の部屋に泊まる。
先に彼女がシャワーを浴びた。一緒に入りたいと思ったけど、勇気を出せなかった。
洗面台の鏡に映った自分の顔は神妙な顔をしていた。これからすることは分かっている。

脱衣所から出る。
電気は黄色の小さいやつにされていた。ベッドの上に三葉はパジャマを着て正座している。
その前に俺も座る。

「三葉」

そう呼ぶと彼女はほほ笑む。
小さく、瀧くん、と三葉は俺の名前を呼ぶ。三葉、と俺も繰り返したくなる。名前を呼びあうと忘れてしまった何かが埋め合わされる感じがする。
前にそうして、ずっとお互いの名前を呼びあって切りがなかった。

ベッドのうえで三葉にすり寄って、彼女のことを抱きしめる。華奢な肩、やわらかな感触。両腕に包みこめてしまうぐらいに小さいのに凛とした強さも感じる。

「瀧くん」
「三葉」

どちらともなく唇を重ねる。
戯れるように軽く触れあいながら、舌を三葉の唇にあてると、彼女はうっすらと口を開く。向こうからも舌が伸びてくる。舌が絡まる。溶けそうなぐらいに柔らかくて、味のしない舌の感触。ため息のような深い吐息が顔にかかる。

三葉の背に回した手を下にずらしていって、服の中にいれる。

「ちょっと、瀧くん!」

背筋を撫であげながらブラのホックを片手で外す。いつまにかできるようになっていた手癖だ。
三葉の前に彼女がいたわけでもないのに。

「見たい」
「……なんか釈然とせえへんわ」
「なんで?」
「べつにええんやけどな」

三葉はパジャマの上着を脱ぐ。
中途半端に外れたブラも脱ぐ。
彼女はそれを几帳面にたたんでベッドの下に置いて、まっすぐと俺に向きあう。

たそがれどきのような黄色くてうす暗い光のなかで、三葉の小ぶりな胸が見える。その胸に手でつつむ。弾力のある綿のような感触、手のひらに感じる先端の凝り。いつまでも揉んでいると、三葉が少し不機嫌になる。


もう一度キスをした。
それから裸になって重なりあう。
名前をずっと呼びあう。手元からお互いの存在が離れてしまうのが怖い、確かめずにはいられない。愛とも少し違う不安。こうして体を絡みつかせているのにふとした弾みで失われてしまうのではないか? 根拠のない不安がいっそうに体を密着させる。

汗ばむ肌をかさね、体液をまぜながら糸を縒りあわせるように手足を絡める。
三葉のなかにいれて、出して、刺激される快感を二人で分かち合うのは、別に存在している三葉と自分とが本当に一つになれたようで、だから、最後も一緒になりたいと願う。

何度も三葉の口からは俺の名前がささやかれている。俺も何度も三葉の名前をささやいている。その声に熱っぽさが強くなってきて、お互いがどこまで感じているのかが手に取るように分かる。

三葉のなかが痙攣する。
搾り取るように動くのに合わせて腰を密着させて、抱きしめる。
頭の中が真っ白になる。

小さく息を吐いた。
三葉も同じように息を吐く。

「瀧くん、好きやわ」
「俺も」

軽く唇を触れ合わせて、隣り合わせに横になる。三葉の手がのびてきて、繋ぐ。指を絡めあった。
プロフィール

sadistictorism

使用者:sadistictorism
 
 肥大化した自意識で糖尿病にかかっちまえ!

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。